安全性が高いラクトフェリン

安全性が高いラクトフェリン

ラクトフェリンはもともと母乳にも含まれている成分ですから、人への馴染みもよく、サプリメントとして活用しても副作用はありません。牛乳などの乳製品にも含まれる成分で、サプリメントには牛乳由来のラクトフェリンが使われています。

 

サプリメントへの安全性はラットでの実験で証明済みです。2000mg投与しても異常は認められておらず、人に使う場合は1日の摂取量はそれ以下となるため、ほとんど副作用がないといっても良いでしょう。

 

サプリメントや食品などでは、ラクトフェリンを100〜300mg程度配合されていることが多く、実質的に短期間で2000mg服用することは考えられません。ラットの場合は2000mgを連続して13週間経口投与しても問題が出ませんでした。

 

そのためラクトフェリンで副作用が出るとは考えにくく、サプリメントで適切な量を守り服用していれば、美容や健康に役立てられ悪影響は出ないと考えることができます。使われているラクトフェリンは、牛の牛乳から抽出することが多くなっています。

 

ラクトフェリンは牛乳由来成分が使われているため、乳成分のアレルギーを持つ方は注意が必要です。しかし、ラクトフェリンのみが抽出され、もともと母乳にも含まれている成分のため、牛乳アレルギーを持っていても注意しながら利用すれば問題が無い場合もあるかもしれません。